FC2ブログ
ポケモンBW・BW2の乱数調整、新着情報、その他ポケモンXYのデータ・PT考察など。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下乱数してて分かったこととか、雑記。乱数の仕組みが知りたい人向け。





























◆3DS以前の乱数との違い

 ■4、5世代
 何時何分に起動すればこの初期SEEDになるというのが分かっていた&
 現実的に狙えるタイミングだった&
 
DS本体の仕様的に、時刻を変えてすぐに起動できた。
 そのため、BW以前の乱数は以下のような手順だった。
 ① 手頃な消費数で目的の個体が出るSEEDを事前に検索
 ② そのSEEDが出る時刻=DSの時刻になるようを調整する
 ③ 目的の箇所まで消費(ペラップもしくはレポート)
 
 
→時間
↓消費
aaaa年bb月cc日xx時yy分zz秒xx時yy分zz+1xx時yy分zz+2秒
事前にこの時間に合わせる
・・・
0
1
2*目的の個体が出るSEED
・・・


 ■6世代以降
 3DSでは時刻を変えてすぐに起動というのが不可能。またゲーム内でも時刻を変えたらペナルティが発生する。
 つまり、今回の乱数では起動した時刻でSEED固定が出来ない。
 そのため、手順は以下のようになる。

 ① 適当な時間に起動
 ② その時間のSEEDを特定する
 ③ ②で求めたSEEDから、目的の個体が何消費で出るか検索する
 ④ ③が現実的な時間で見つけられなければリセットして①からやり直し
 ⑤ 目的の箇所まで消費(QR針、時間経過、NPC)

        どれになるかわからない
     ↓                            ↓           ↓
 
→時間
↓消費
aaaa年bb月cc日xx時yy分zz秒xx時yy分zz+1
xx時yy分zz+2秒
・・・
0
1
・・・
1000*目的の個体が出るSEED
・・・
9876*目的の個体が出るSEED
・・・
999999
*目的の個体が出るSEED
(遠すぎるのでリセット)
・・・







◆3DSRNGTool改造について

 ここからは愚痴みたいなもんですが。
 私、針ぜんぜん合わせられないんですよね。

 最初の頃はiphoneで動画撮って見直してやって、それでもミスってやり直して・・・てやってました。
 やっとSEED見つけて計算して消費して・・・そして消費タイミングが合わない。
 ああもう、めんどくさい!!

 けど、気づいたんです。


3DSRNGToolってオープンソースなんですよね。
なので、勝手に改造しましたw



RNG3.png
こんな感じ~。外観が微妙に違います。
 公開の予定はありません。要望がたくさんあれば作者に連絡取って見るかも。




 ■改造前Ver
 1.0.0 (2018/02時点での最新)

 ■改造内容

  ■初期SEED検索の際の針をあいまい検索するオプションを追加(-1まで)
   例:1,2,3,4,5,6,7,8と入力したら、
    「0~1、1~2、2~3、3~4,4~5,5~6,6~7、7~8」で検索する。
    ただし、候補が多すぎて特定できないので、8回じゃ絶対終わらない。
    12~14回ぐらい入力することになる。

  ■ツールの最新バージョンチェックを無効にするフラグを追加
  (バージョン書き換えたら改造機能が消えちゃうからね!)

  ■消費+15~消費-xまでの間に1回も「?」がないかどうかチェックするように変更。
   xの値は入力できる。

 「Safe F  Only」のチェックは、実はこのツールでは「目標消費が?かどうか」しか見ていない。
  なので、絞込を無効→+100Frameを見てフレームチェックする必要があった。
  それがめんどくさいので対策した。

   ちなみに『15』というのは、QR画面を閉じている間の消費。
   この15の間はQRと同じ消費扱いのため、NPC消費は発生しない。
   例:目標700、【QR閉じ→戦闘/受取】消費61とする。

消費Mark
639
640
・・・
650?
・・・
700

   このような場合、消費639~654の?はQR画面中の消費であるため、NPCは発生せず無視できるということ。




消費Mark
639
640
・・・
655?
・・・
700

   もしこうなっていた場合は、654~700の間にあるため、NG。検索で出さない。


   なお15は推測値です。10以上20以下であることまでしか調べてません...正確な値わかる人いたら教えてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。