ポケモンBW乱数【野生乱数Ver】(旧)

ここでは、「ポケモンBW乱数【野生乱数Ver】(旧)」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/26追記

新しいツールが出た為、こちらの記事よりもっと簡単な手順で乱数が出来るようになりました

一応記事は残しておきますが、孵化乱数がやりたい方は

ポケモンBW乱数【孵化乱数Ver】(最新版)をお読みください。



----------------------------------------------------------------------





この記事はBW乱数のやり方の流れを理解した人向けの内容となっています。

初めての方はまずこちらの



ポケモンBW乱数【始める前に】

をお読みください。



----------------------------------------------------------------------



◇野生乱数

ということで野生乱数についてです。こちらはツールが分かりやすく、あまり説明することも多くないのでさくさく解説していこうと思います。

基本的に理論とか、なぜこうなるのかといった原理は解説しません。そういうのは一番下の参考サイト様をお読みください。



ここはとにかく出来ればいいって人向けの解説です。





----------------------------------------------------------------------

◇大まかな流れ

大体こんな順番で準備→捕獲を行っていきます。最後の時間以外、そんなに難しい点はないので頑張ってやっていきましょう!



(0)欲しいポケモンの決定



(1)ツールの準備&計算



(2)ポケモンBWでの準備



(3)DSの時間設定



(4)捕獲 →失敗→ツールで確認して(3)に戻る



成功



おめでとう!





----------------------------------------------------------------------

(0)欲しいポケモンの決定

自分で考えてね☆



----------------------------------------------------------------------

(1)ツールの準備&計算

BW用ツールでは既に色んなツールがありますが、今回は一番分かりやすく、使いやすいWBCを使用します。

このツールは前作ツールでも定評のある作成者らしいです。

↓からダウンロードしてください

WBC(White & Black Calculator)



また、野生乱数では0.016秒単位での目押しが必要なため、ストップウォッチも必要です

腕時計などで持っている人は構いませんが、無い人はどれでもいいので↓からダウンロードしてください

ストップウォッチ



ダウンロードができたら、WBCを起動します



poke01




こんな画面が出てくると思います。

(起動できない人はバグか、WBCの説明書にも書いてあるようにjavaというWBCを起動するための土台となるプログラムをダウンロードする必要があります。)



ちゃんと起動できたら、まずはこの黒く塗りつぶされている部分、MACアドレス下6桁を入力します。

これはDS1台ごとに割り振られている固有の値なので、1人1人違います。

これをまずは調べてください。

調べ方は、プレイ開始する前の画面で

「Wi-Fi設定」→「オプション」→「本体情報」を開きます。

そうすると12-34-56-78-90-abといった感じで、2文字の組が6つ並んでいるので、この右半分6つをメモして入力します。

↑の例ですと78-90-abですね。



次にそのひとつ上、 DS開始時間を表示 のチェックをONにします。



これでWBCの準備は完了です。

あとは(0)で考えたポケモンの固体値を左上に入力し、左下の[実行]ボタンを押すだけです。

パソコンが頑張って計算してくれますので、結果がでたら確認しましょう



poke02




こんな感じに結果が出ると思います。

この画像の例ですとAは無視、HCSvでBDは28以上という検索条件ですね。

※今回は条件が緩かったので、2匹目まで出ていますが、5vやらめざパ指定になると結果が出ない場合があります

その場合は、左下にある []?[]Fで出てくるポケモンを表示 という欄の右側の数字を大きくしましょう。

数字が大きいと、その分待ち時間が増えるので、6000ぐらいが限度だと思います

それでも出ない場合はひとつ上、[]?[]の範囲のSEEDを検索 の右側の数字を大きくしましょう。

これはあんまり推奨しませんが、どうしても出ない時用に。



結果が出たら、出た固体値でOKかどうか確認します。

この場合ですと



-------------------------

・1匹目

個体値:31-13-29-31-30-31



・2匹目

個体値:31-10-28-31-30-31

-------------------------


となっていますね。どうやら1匹目のほうが良さそうなのでこれに決定します。



次に、以下の内容が書いてある行をチェックします



------------------------------

初期seed:e9d18db8

消費乱数:0

Cギア起動日時の目安:2010年11月13日

DS起動時間の目安:12時49分15秒

Cギア起動時間の目安:12時49分41秒

待ち時間:26.13秒

------------------------------




この数値は(3)DSの時間設定と(4)捕獲で使いますので、全てメモします。



これで一旦ツールの準備&計算は終了です。ポケモン内で実際に捕まえる準備をしましょう





----------------------------------------------------------------------

(2)ポケモンBWでの準備

普段は捕まえる準備をすればいいだけですが、この野生乱数をする場合問題があります

それは、「性格」・「特性」・「性別」は乱数で選べないということです。

これを全てあてずっぽうでやると、乱数とはいえ途方もない時間がかかってしまいます。



しかし、特性と性別はともかく、もっとも種類の多い性格については「シンクロ」持ちのポケモンで50%の確率で出すことが出来ます。

なので以下のように準備しましょう。



◇準備するもの

・性格一致、特性シンクロのポケモン(ムンナが孵化歩数短く量産できてお勧めです)

・捕獲用ポケモン(みねうち、催眠、くろまな、ひっさつまえばなど)

・捕獲用の大量のボール

<<(1)でSEED検索1以上にした場合のみ>>ゴールドスプレーたくさん

※↑補足

(1)で求めた時の消費乱数が1以上だと、消費乱数の値×256歩だけエンカウントせずに歩く必要がある。そのためのスプレー

<<伝説を捕まえる時のみ>>素早さorHPを調整した削りor命がけ用ポケモン

※↑補足

伝説の場合、捕まえるのが大変なので、捕獲→失敗→リセット→捕獲→・・・では大変時間がかかってしまう。

よって、{相手SがVのとき}-1 の素早さのポケモンを出し→抜かれたらV確定

{相手HがVの時}-1 のMHPのポケモンを出し→命がけして相手が死ななかったらV確定

といった方法を使い、手間を短縮することが出来る。




全て用意できたら、欲しいポケモンが出るダンジョン・草むら・水辺へ移動し、レポートを書いてゲームを終了します。

これでポケモンBWのほうの準備は完璧です。





----------------------------------------------------------------------

(3)DSの時間設定

いよいよ乱数による時間の調整です。



DSを起動し、ポケモンは起動せずに設定画面を開きます。



(1)で求めた年・月・日・時・分に全てあわせて、保存して電源を切ります。



(1)で求めた秒になったら、ポケモンBWを起動すると同時に、ストップウォッチをスタートさせます。

※この時点は、秒単位であっていればOKなので、秒針が切り替わったのをちゃんと見てからでOKです。

※(DSiなどではDSの表示に秒針がないらしい(?)ので、その場合は別に時計なりストップウォッチ2個目なりを用意してください)



ポケモン起動。Cギアは絶対にOFFにして起動する。



ロードされたら、歩かずに下画面でCギアを開き、通信を始めますか?「はい」「いいえ」の状態にしておく。



ストップウォッチが(1)で求めた待ち時間と全く同じ値になったタイミングで「はい」を押す。

※ここが一番難しく、誤差0.016秒以下で合わないといけない!タイミングが少しでもずれたら失敗する。



(1)で求めた消費乱数が1以上の時は、{消費乱数の数} ÷ {手持ちポケモンの数} × 256 の値だけエンカウント無しで歩く。

※↑消費乱数の数÷手持ちポケモンの数が綺麗に割り切れない場合は失敗するので、手持ちを調整してください。





これで乱数自体はちゃんとできているはずです。

時間が正確に合っているか、また性格・特性は欲しいモノであるかどうかを確認するために

(4)捕獲へと進みましょう。





----------------------------------------------------------------------

(4)捕獲

いよいよ捕獲です。



そのまま適当に歩き、野生のポケモンと遭遇する。最初に出てきたポケモンが乱数産となっている。



捕まえるなり何なりで個体値を特定する。



個体値が正しければ、乱数成功!違っていれば、時間ずれによる乱数失敗…。(3)に戻る。



-----------------------------------

▲時間ずれによる乱数失敗した時のチェック方法

WBCを起動し、[リスト出力]タブを開く。

(1)でメモした初期seed・消費乱数と、捕まえたポケモンの種族・性格・Lvを入力し、 実行 を押す。

すると、欲しかったポケモンから時間が前後にずれていた場合のリストが出てくる。

poke03


この画像の例では、青で囲んであるヒトモシLv28ひかえめ 68-21-43-51-36-23が捕獲できたとします。

理想個体は中央、赤字になっている74-22-43-55-44-24なので、ズレた分を数えると

下にフレーム8個分=0.133秒遅かったことになります。



ということで(3)からやり直し、次はもう0.133秒早く押せば良い訳ですね。

この表で出てこない場合は、左にある範囲[ ]の値を50ぐらいにしてもう1回実行を押してみてください。

それで出てくるはずです。

※それでも出てこない場合は、ボタンのタイミング以外の間違いが発生しているということになります。

たいてい(3)の秒数が1秒早かったとか、日付を間違えていたとかだと思いますのでもう一度確認してみてください。

-----------------------------------






性格・特性も欲しいものと一致していれば完璧!お疲れ様でした。

違っていれば、後は50%×50%の運なので(3)からもう一度頑張ってください。







----------------------------------------------------------------------

参考:

リィズのポケモン雑記:http://ryzkousatsu.blog63.fc2.com/blog-entry-262.html

↑理論とかちゃんと知りたい人はこの記事推奨!



ふちのgdgd日記:http://ameblo.jp/9-dai-espada-sa/entry-10684475912.html

↑WBCで時刻が変な数値になってあわないよー><って人はここ見て違う時間にしてみましょう



ツール:

WBC(White & Black Calculator)

作成者 なんかいろいろ:おひるごはん氏 http://ohirugohan1018.blog98.fc2.com/

↑これが無いと出来ません



 





人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://waniwani169.blog69.fc2.com/tb.php/1-693dac50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。